基本調査(江戸後期までの家系図作成)

基本調査(江戸後期までの家系図作成)

 基本調査では、1800年前後(約200年前)に出生されたご先祖様までの調査を目標とします。松平定信の寛政の改革が終わった頃から江戸の町人文化が栄えた文化文政の時代で、戸籍の調査で判明する範囲から、平均してさらに2~3代遡ることになります。

 ここでの調査は、単に戸籍調査で分かったご先祖様からさらに2~3代遡るというだけのものではありません。昔の菩提寺や氏神社・古いご先祖様のお墓など、さらに郷土誌その他の諸文献や古文書などの研究を通じて、戸籍に書かれた内容からだけでは窺い知れないご先祖様に関する情報(江戸時代の身分や職業、神社への寄進額や墓石・戒名(法名)などから推し量れるご先祖様の村の中での立場や暮らしぶり、生活していた地域がどのような歴史を辿ってきたか等々)ご先祖様の息吹が感じられる諸情報をご提供することにより、皆様が少しでもご先祖様を身近に感じて頂けることを目指しています。

基本調査詳細

調査範囲

1800年前後に出生されたご先祖まで、約200年間の調査が目標です。 1世代25~30年と考えて、6~8代が平均的です。

標準調査期間

3~6ヶ月程度を目安としています。但し、現地調査の対象地域が遠方の場合、史料等が乏しい場合、ご本家が絶えている場合等々、諸条件で調査期間が大きく異なって参ります。最終報告まで、3カ月に1回の割合で中間報告書を提出致します。

調査料金

432,000円(税込)
(交通費・宿泊費・レンタカー代・お寺やご本家等への謝礼など一切の費用を含みます。)

  • 料金は定額制です。現地までの距離や調査の難易度などの理由で差額が発生することはありません。(※ただし、離島での調査の場合、追加料金を頂くことがございます。)
  • 除籍謄本・改製原戸籍謄本を全て取得済みの方は、その写しをご提供頂くことで、上記料金から2万円を割引かせて頂きます。

お支払方法

お申し込み時に半額(216,000円)をご入金頂き、最終調査報告書提出時に残額の清算をお願いしています。

調査終了後、お渡しするもの

  • 家系調査報告書(横家系図及び「元号・西暦対照表」付)
  • 取得した戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本一式
  • 調査活動で収集した調査の根拠となる各種史料
  • 調査の過程で撮影した画像一式
  • 家系図データ及び各種画像を収録したCD-ROM
    (家系図は、エクセルで作成していますので、後にご家族が増えたり、追加事項が生じた場合でも、ご自由に書き込むことが出来ます。)

調査結果をカタチに(オプション)

  • 巻物に仕立てたい⇒「巻物製作」のページへ
  • 和綴じ本を作りたい⇒和綴じ家系譜」のページへ
     

お客様の声:基本調査

※掲載にはご本人様の許可を頂いております。

[Sさん] 福岡市南区在住

  • お申込みの内容:基本調査
  • 調査対象地域:福岡市・北九州市・下関市・宇部市

戦前に台湾で生まれ育って、終戦後に日本に住むようになったので、先祖のことがほとんど分からず申込みました。祖先は門司に住んでいたと聞いていましたが、江戸時代には下関に住み、"米屋"という屋号で米問屋をしていたことを知りました。その時代の古地図も頂き、江戸時代のご先祖がどこで暮していたのかまで分かりましたので、ちょっと足を延ばして出かけてみました。壇ノ浦のすぐ近くの、遠い昔ご先祖が住んでいたという土地に立っていると、とても不思議な気持ちにさせられました。完成した家系図は、仏壇にお供えしています。貴社にお願いしてよかったと思います。

[Oさん] 静岡県浜松市在住

  • お申込みの内容:基本調査
  • 調査対象地域:埼玉県東松山市

わざわざ遠い埼玉県まで調査をお願いして申し訳ありませんでした。その上、基本調査をお願いしたにもかかわらず、結果的にさらに100年も前の1700年頃までのご先祖様までを調べて頂き、ついでに分かっただけだからと追加料金も必要がないとのことで、ちょっと儲かったような気がしています。

一番嬉しかったのは、古い村の文書に私のご先祖様の署名と印があったことです。当時でも、今と同じようにみんな印鑑を持っていたということを初めて知りましたし、ご先祖様が使っていた印鑑の写しまで見つけてもらえたのが凄いなと思いました。有難うございました。

[Iさん] 北海道函館市在住

  • お申込みの内容:基本調査
  • 調査対象地域:島根県浜田市

北海道に住んでいますが、屯田兵としてではなく船乗りとして来たとだけ聞いていました。それ以外には、もともとどこから来たのかが分からなかったし、宗派も家紋も分からないという状態でした。

そこで、インターネットで調べた行政書士さんに除籍謄本による家系図を作ってもらいました。手渡された除籍謄本から、曾祖父までの名前と島根県の浜田市というところから移住してきたことが分かりました。ただ、家紋や宗派は分かりませんし、浜田市というところで何をしていたのかも知りたいと思っていたところ、貴社のHPを見つけたのです。

あまり予算がないので、基本調査の家系図を申し込み、ご先祖の名前だけではなく、宗派も知りたいし、家紋も知りたい。また、江戸時代に何をしていたのか?本当に船乗りをしていたのか?また、なぜ北海道に移住したのかも調べて欲しいという厚かましいお願いをさせて頂きました。

その結果、浜田市の現地には本家を継いだ方が住んでおられ、代々のお墓や家紋・過去帳の写真まで撮って頂き、宗派だけではなく、ご先祖の戒名まで教えて頂きました。もともと、北前船の船乗りだということで、幕末の北前船の記録にご先祖の名前が書かれている古文書の写真も頂くことができました。船乗りらしく、戒名の一部に「乗船」という文字が入ったご先祖もおられ、江戸時代に日本海の荒波を渡っておられたんだなと感激いたしました。

予算の関係上、巻物も頼めませんでしたが、多くの写真も添付された詳しい報告書を頂きました。大事にしたいと思っております。

[Tさん] 山口県下関市在住

  • お申込みの内容:基本調査
  • 調査対象地域:鹿児島県奄美市

わざわざ奄美大島までご苦労さまでした。奄美の一文姓の歴史的な意味、私の先祖がこの苗字と郷士格という身分を得るために、どれだけの多くの島人を搾取していたのか。彼らの苦しみの上に私の苗字があるという事実を知り、愕然とさせられました。

島でも数少ない郷士格であったことの少しの誇りと、それが島人達を搾取した上で得られたものであったことを今一度噛みしめたいと思っています。調査をお願いしてよかったです。有難うございました。



江戸前期調査のページへ