調査不能の場合の返金・割引規定について

家系図の調査は、努力が必ず報われるというものではありません。

家系図の調査というのは、究極的にはご先祖様を特定することが出来る情報を見つけ出すということですが、稀にそのような情報が全くないというケースもあります。古文書等の史料が残されていない。古い墓が処分されている。菩提寺の火災等により過去帳が焼失している。さらに、本家も既に絶えてしまっているというような状況も有り得ます。

このような条件が全て重なってしまうと、どんなに努力を払っても調査の成功は見込めません。以上のような事情で、ご依頼頂いた調査目標に到達しなかった場合、次のような返金・割引規定を設けております。

基本調査の場合

戸籍を超える調査が出来なかったとき

戸籍謄本等に記載された情報から一歩も進むことが出来なかった場合、お申込み時にご入金頂いた216,000円のみお支払い頂き、残額のご請求は致しません。

江戸前期調査の場合

戸籍を超える調査が出来なかったとき

上記と同様、戸籍に記載された情報から一歩も進むことが出来なかった場合、お申し込み時にご入金頂いた半金の540,000円の内、330,000円を返金させて頂きます。差引210,000円のご負担となります。

200年程度(1800年前後)の調査しか出来なかったとき

お申し込み時の540,000円から120,000円をご返金させて頂きます。差し引き420,000円のご負担となります。

徹底調査の場合

徹底調査は、江戸前期までの調査を終了させる過程に於いて、室町時代以前の調査の可能性が高いと判断される場合にだけお受けするものです。その可能性についても大小がありますので、江戸前期調査から徹底調査に延長される際に、個別にご相談させて頂きます。


弊社の調査は、なによりしつこいというのが特徴です。そう簡単に諦めるものではありません。それでも断腸の思いで「調査不可能」の結論をお伝えしなければならない状況というのは、あらゆる手段を尽くした結果であり、むしろ調査を完了させた時以上に多くの時間を割いて調査活動を行ってのことです。

この間、何度も現地訪問を行うなど交通費や宿泊費その他、決して少なくない経費を費やしておりますので、上記のように一部の費用のご負担をお願いしている次第です。この点をご了解の上、お申し込みをご検討下さいますようお願い致します。

なお、結果的に目標に達せなくても、調査の過程で得られた現地での各種画像や聞き取り調査の内容、古文書・文献研究などから得られた情報などは、すべて報告書を作成して提出させて頂きます。