離島での調査

これまで離島の調査は、鹿児島県の下甑島と奄美大島、長崎県の対馬・福江島・中通島、島根県の隠岐島がありました。

今回は長崎県の中通島の2回目を行っているところですが、なかなか現地に行くことが出来ません。

この中通島には高速船とフェリーでしか行くことが出来ないのですが、現地訪問の計画を立てて、予約してイザ出発となった時点で2度も荒天のため船が休航。

運航するか休航となるかは1時間前しか分からないということなのですが、出発は長崎港であり、そこまで行くだけでも結構な時間と費用を要します。その結果、休航を告げられてしまうとその往復が無駄になってしまいます。

このようなことが既に2回。無駄な時間と経費が飛んで行き、未だに現地調査も出来ないというお粗末さ。

過去には、甑島で現地に渡った後に休航が続いて帰れないことになり、大いに困ったことがありました。また、奄美大島でも、空港まで行ったところ、50年に一度の大雨で現地に行く道路が土砂崩れで不通となり、そのままとんぼ返りをするはめになったこともありました。往復の飛行機代や宿泊代が全くの無駄です。

愚痴ばかりの文となってしまいましたが、このように離島での調査は本土にはないリスクが存在します。このため、さすがに離島での調査に対しては、その島へのアクセス条件によって追加費用を頂くと共に、調査期間も長めに設定させて頂くことに致しました。

(記:平成30年7月4日)

「調査員の独り言」TOPページに戻る